日勤常勤看護師の求人先、健診センター



健診センターでは、病気の予防、発見をサポートするための各種健康診断を行います。この施設にとって、看護師はなくてはならない存在です。

健康診断には、

・特定健診、特定保健指導
・生活習慣病予防健診
・行政指導による健診
・人間ドッグ

といった種類があります。

必要に応じて、特定の疾病のための検査として、早期のがんの存在を調べるPET健診、胃や大腸などの消化器系を診る内視鏡検査などが選ばれることもあります。各健診項目において、看護師が担当する仕事を簡単にまとめてみましょう。


1.採血、血圧測定、身体測定ほか

採血、血圧測定は、健診センターでの看護師の仕事のなかでも、大きな割合を占める検査です。健診センターにもよりますが、一般的に一日にセンターを訪れる人数=看護師の対応数はかなり多く、限られた時間内で何十人もの採血や血圧測定を行っていきます。身長、体重、腹囲の測定なども行います。

2.診察の介助

視力、聴力検査や胸部X線検査、尿検査、血液検査、心電図など、それぞれの健診ごとに項目が決まっており、各検査で医師の介助をしたり、看護師が検査を行うこともあります。

3.問診票、検査結果入力

問診結果、検査結果の記入や入力といった事務作業もあり、利用者数によってかなりの時間を取られることもあります。

4.その他の健診業務

PET健診では、問診や放射性薬剤の投与、検査の説明や介助を行います。内視鏡検査でも同様のことが言えますが、検査に対する不安や疑問を抱くことが多い項目であり、これを解消・フォローしていくのも、看護師の大切な仕事です。

半日~1日、2日などたっぷり時間をかけて、保険適用外の健診を行う人間ドッグでは、リラックスして過ごせる快適な空間を提供することが大切です。看護師にも、看護スキルだけでなくサービス業としての接遇が期待されています。


看護師に求められるスキル



健診センターで行う仕事は、看護として基本的なものばかりであり、決して高度なスキルを要するものではありません。

求められるのは、業務の「効率性」「正確性」であり、受診者をできるだけ待たせることなく、適切な診査結果を導き出すことが大事です。


仕事の流れや検査状況を即座に判断し、担当業務が急に変わっても、即対応できる臨機応変な能力が必要とされます。

また「コミュニケーション能力」が高いに越したことはありません。患者さんは、体調が悪く「診察してもらう」という心理で病院を訪れますが、一方で健診を受ける方は、現状は健康体であり、「健診のために時間を割いている」という心理が働きます。


いわばお客のような心構えで来る方も多く、看護師がマニュアル通りに対応、案内したとしても、不満を持たれたり、クレームを引き起こしやすい傾向があります。

忙しい業務の中でも失礼のないように、しっかりと話を聞いて案内したり、心証を悪化させないことが大切であり、ここでコミュニケーション能力が力を発揮します。


看護師が健診センターで働くメリット



メリット①夜勤がない、残業が少ない

健診センターで働くメリットとして最も大きいのは「夜勤がない」ということでしょう。健診は昼間に行われ、入院患者がいるわけではないので日勤に限定されます。健診の時間は決まっており、残業があったとしても頻度は少なく、長い時間ではありません。

日曜祝日のほか、土曜日も休める職場もあります。家族との時間を確保したい方にとって嬉しい環境であり、週末に子供のイベントがあるときにも助かります。

健診センターでは、上記のような勤務条件が一般的であることは間違いありませんが、例えば健診車で業務を行う場合、移動時間があるために業務時間内に勤務が終わらないなど、配属部署や各職場の方針によって、待遇が多少異なる点は留意しておきましょう。


メリット②生死にかかわることがない

健診センターへ来る方は基本的に健康体なので、診査を行うだけで何か治療が行われることはなく、患者さんの苦しむ姿をみたり、生死にかかわるような仕事はありません。

痛みや苦痛を取り除いたり、どうしても回復しない患者さんもいるといった病院での看護に対し、強いストレスを感じてしまう看護師にとっては、疾病の予防に努め健康を守るという健診センターの仕事は魅力的です。


メリット③ルーチンワークである

各患者の症状応じてケースバイケースで診察、治療を施していく病院での看護に対し、健診センターでの仕事は毎日同じ応対・検査を繰り返すルーチンワークです。正確性、効率性は必要なものの、一度慣れてしまえばその作業自体は大変なものではありません。

毎日繰り返し検査を行うことで、採血スキルや検査機械の扱いなどに関しては、着実にスキルをものにすることができます。


看護師が健診センターで働くデメリット



デメリット①看護スキルを伸ばせない

健診センターは病気の予防をする大切な場所ではありますが、決して医療の前線現場ではありません。病院で必要とされるような最新の医療知識や技術は、健診センターではほぼ必要がないのです。

病院看護での臨場感と、健診センターでの穏やかさとのギャップに「これまで身につけた看護スキルがさびつくのではないかと不安」といった悩みが聞かれます。健診センターは、看護師としてのキャリアを高めるのに適した職場ではありません。


デメリット②年収は低めの傾向

夜勤がなく、その他手当てがつくような勤務体制や業務内容ではないため、看護師のなかではどうしても収入が低めになる傾向があります。これまでのキャリアによっては高額な給与額が提示される求人もあるので、いくつかの求人を比較してみると良いでしょう。


デメリット③やりがいの欠如

元々看護師は昇進の少ない職種ですが、健診センターでは特に、昇進・昇給がほぼ望めません。

病院での看護では、患者とのコミュニケーションや、看護に感謝されたり、回復の様子を見られる達成感があります。しかし、次々とやってくる健診利用者の健康維持は、看護師が実感できるものではありませんし、日々のルーチンワークにやりがいを見出すのが難しくなりがちです。


健診センターの求人を選ぶときの注意点



健診センターへの転職は「いつでも誰でも、豊富な求人から選べる」というものではありません。

健診センターそのものの数がそれほど多くないこと、仕事がハードでなく家事や育児と両立しやすいため離職率が低めであることから、求人件数が限られます。その結果、1件の求人に対しての応募者数が増加し、倍率が高くなっています。


求人情報によっては、「健診センター求人」として詳細までみられるものもあれば、ひとつの病院での求人として掲載され、他の診療科と一括した情報しか見られずに、健診センター個別での待遇はどうなのか詳細が分からないこともあります。

健診センターへの転職を成功させるためには、希少な求人情報を、機会を逃さずにキャッチすること、給与待遇や勤務形態などの詳しい実情を事前に確認できることがポイントになります。


看護師専門の転職サイトを利用すれば、非公開求人も含めていち早く健診センター求人をキャッチし、確認したい点について、転職のプロであるコンサルタントに問い合わせることができます。


<日勤常勤看護師の求人先、健診センター・まとめ>

  • 健診センターで行う検査として特定健診~人間ドッグまでいくつかの種類がある
  • 採血や血圧測定ほか、健診にまつわる業務全般をこなす
  • 効率よく正確に業務を行うスキル、コミュニケーション能力が重視される
  • 夜勤、残業がほぼなく、慣れてしまえば仕事が楽
  • スキル、年収アップや、やりがいを見出すのは難しい
  • 求人数が少なく倍率が高め
  • 求人の詳細が分かりづらい場合があり、転職サイトで確認した方が安心

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

このページの先頭へ