日勤常勤看護師の求人先、訪問看護ステーション



病気や障害をもつ方が自宅で療養生活を送るときには、日常的な看護、ケアが必要となってきます。これに対し、看護師や医師、薬剤師らがサービス利用者の自宅を訪問しケアを提供するのが「訪問看護」サービスです。

訪問看護の業務内容は、医師の指示に基づく医療行為だけでなく、清拭や入浴、食事や排泄の介助からリハビリ、利用者家族への介護指導や相談対応まで、幅広くカバーします。


病気や障害があり、医師ややケアマネージャーの診察・指導を受けている方、医学的な管理やリハビリを必要としている方であれば、赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが訪問看護対象者となります。

いずれの場合でも、訪問看護はかかりつけ医の「訪問看護指示書」に基づいて行われるため、訪問看護サービスを利用するには、まずかかりつけ医への相談が必要です。


利用者の居住地、自宅といったパーソナルスペースでの看護・ケアでは、ただ医師の指示内容にある作業を行えばいいというわけではなく、より利用者の意思を尊重し、本人が望む療養生活に沿ったケアである必要があります。


訪問看護ステーションでの看護師の仕事



利用者によってケア内容は異なりますが、訪問看護ステーションで働く看護師は、概ね以下のような業務を行っています。


・医師の指示にもとづく医療処置
メインとなる業務は、訪問看護指示書に記載された医療処置です。病院で行う看護業務同様、点滴や注射、血糖値測定などの処置を行います。特殊なスキルではありませんが、病院と違い診療科が決まっているわけではないため、より幅広い対応が必要とされます。

・バイタルチェック
体温、血圧、脈拍の測定、障害・症状の状態観察など、利用者の体調を確認します。

・医療機器管理
持続点滴装置や膀胱カテーテル、人工呼吸器、在宅酸素などの医療機器を使用している場合に、機器のチェック、メンテナンスを行います。

・療養上のお世話
食事や排泄の介助、指導、清拭、洗髪、入浴介助などを行います。

・褥瘡管理
寝たきりだったり思うように活動できない方にとって、褥瘡の管理は必須のケアです。床ずれの手当の他、床ずれができにくいような工夫や指導をします。

・リハビリ
活動量低下による拘縮予防、運動機能回復、嚥下機能訓練などを必要に応じて行います。

・認知症ケア
訪問看護を利用する主な世代(高齢層)では、認知症を発症している方が多くなります。事故防止策や認知症患者の介護相談など、家族を交えた対応が必要です。

・介護予防
重症化を防ぐため、低栄養や運動機能の維持を目指し、利用者や家族へアドバイスをします。

・ターミナルケア
がんなどの症状で終末期にあるとき、入院治療よりも自宅での療養を選び、訪問看護を利用するケースがあり、その場合にはターミナルケアとしての看護が行われます。看護師にも、利用者の意思をより尊重したお手伝いが求められます。

・利用者家族への支援
訪問介護では、利用者だけでなくその家族・親族とも深く関わることになるため、信頼関係の構築が欠かせません。それぞれに抱えている不安や悩みに耳を傾け、看護師としてできるアドバイスをします。

1回の訪問につき60分ケアが基本となり、これを1日平均4~5件こなすのが、一般的な訪問看護師の仕事です。

訪問看護ステーションで働くメリット・デメリット



メリット

訪問看護ステーションは病院内に併設されている場合と、個別に企業が経営している場合とがあり、看護師は訪問看護ステーションに所属して、そこから各利用者宅へ派遣されます。

訪問看護ステーションの看護師として働くメリットには、「日勤で働けること」「体力的に比較的楽」「チームワークがないこと」が挙げられます。


訪問看護は日中に行われ、それぞれの訪問先へのタイムスケジュールが予め決まっているので、時間内で業務を終わらせる必要があるとともに、勤務終了時間が概ね決まってきます。育児や介護、趣味や勉強などで時間を確保したい方にとっては、嬉しいメリットですね。

ただし、利用者の症状が夜中に急変したり、家族から介護について問い合わせが入ることもあります。そのような事態に備えて、多くの看護ステーションで「オンコール」と呼ばれる電話当番が設けられています。

看護ステーションの規模やスタッフ数によっては、オンコールの当番が多くなる場合もあるので、求人応募する際にはしっかり確認しておきたい点です。

各利用者宅内で必要な看護を行うことを繰り返すために、病院内で慌ただしく移動しながら看護に当たる外来・病棟勤務の看護師に比べれば、体力的負担は少なくなります。

また、全ての業務をチームワークで行う病院勤務に対し、一人で、自身の裁量とペースで仕事ができるため、スタッフ同士の人間関係に悩みがちな方にとっては気が楽な環境です。


デメリット



デメリットとしては、「関係者との密なコミュニケーション」「責任の大きさ」「不便さ」が挙げられます。

スタッフ間のコミュニケーションを必要としない反面、利用者やその家族、ケアマネージャーといった関係者とは、しっかりと信頼関係を築いていく必要があります。


各人の声や希望に耳を傾け、業務内で真摯に対応していく作業が辛く感じられる場合には、大変な仕事と感じるかもしれません。

病院での看護では、医療事故がないように複数の看護師による二重、三重のチェック機能が働いていますが、訪問看護では、自分一人がすべてのケアに責任を持つ必要があり、より緊張感が必要とされることを忘れてはいけません。


利用者宅で行う看護では、病院のように必要なツールが全て揃っているわけではありません。例えば点滴をしようにもスタンドがなく、ハンガーなどで工夫して対応するといった臨機応変さが求められます。


訪問看護ステーションの求人選び、注意点は?



訪問看護ステーションは、他の関連施設と比べ開業へのハードルが低いこともあって小規模事業所が多いこと、離職率が比較的高いことから、常に転職求人が豊富な状態です。日本看護協会のデータでは、全ステーションの7割が求人募集を行っているといいます。

離職率が高い背景には、事業所によって提示する給与のバラつきが大きく、訪問件数によるインセンティブのないケースでは、他業種の看護師よりも月収が数万円低くなる点が挙げられます。


また、1人で利用者宅に訪問し行う仕事ですが、スタッフ不足のために研修体制が整わないことが多く、新人であっても、十分な情報・スキル習得の機会を与えられないまま業務に当たらねばならない、といった状況もあります。先述のオンコール当番の負担が大きい点も、離職率を高める一因となっています。

訪問看護ステーションの看護師の仕事にはメリットもありますが、上記のような離職理由の原因をクリアできないままの転職は、自分のキャリア、生活のためにもぜひ避けたいものです。


看護師専門の求人サイトを利用すれば、募集要項に記載された情報だけでなく、より詳細な給与条件や、研修・オンコールの状況など、知っておきたい情報を、コンサルタントを通じて確認することが可能です。サービスを上手に利用し、安心して働ける転職先を見つけたいものですね。


<日勤常勤看護師の求人先、訪問看護ステーション・まとめ>

  • 訪問看護とは、療養生活を送る方の自宅で看護を行う
  • 医師の指示書のもと医療処置から生活の介助まで幅広く対応
  • 日勤で働けるのはメリットだがオンコール制の負担が大きい場合も
  • 1人で業務に当たることにはメリット、デメリットの両面がある
  • 病院とは環境が違うので、臨機応変な対応が必要
  • 職場環境に差があり、離職率が高めの業種である
  • 転職前に、給与条件や研修、オンコール状況を確認する

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

このページの先頭へ