日勤常勤看護師の求人先、デイサービス



老人福祉法において定められる「通所介護」が「デイサービス」と呼ばれ、そのサービスや施設を指しています。名前のとおり、高齢者が日中に通うための施設です。

デイサービスの利用者は、在宅でほぼ問題なく暮らしている高齢者です。高齢になると身体的な衰えもあり、どうしても自宅にひきこもりがちになったり、介助が必要となって家族への負担が増えがちです。


このような問題への手助けとして、社会との関わりを持ち続けたり、自立した生活のために心身機能を維持したり、家族の負担を減らすことが、デイサービス設立の目的となっています。

具体的には、食事や入浴などの日常生活・ケアの支援、身体の機能訓練や、口腔機能の向上サービスのほか、生活機能向上活動として高齢者同士でのレクリエーションなどを行います。自宅から施設までの送迎もサービスの一部です。

これらのサポートのために、デイサービスでは介護士、理学療法士や作業療法士、そして健康面をチェックする看護師が常駐スタッフとして働いています。


デイサービスでの看護師の仕事



施設の規模によって1人~数人の看護師が常駐し、利用者は日中来所するため看護師も日勤で業務に当たります。夜間に何かあった場合には、提携病院で対応するのが一般的です。

デイサービスでの看護師の主な仕事は、施設を訪れた高齢者の健康チェックです。多くは自宅で生活できる方々なので、バイタルチェックを基本に入浴や運動ができるかどうかを判断するほか、利用者によって浣腸や摘便、軟膏、点眼、爪切りや傷の処置、服薬管理、血糖値測定、インシュリン注射などを行います。


体調の良くない高齢者に病院まで付き添うのも看護師の仕事です。医師は常駐しないため、万が一の場合には看護師が病状を判断し、救急処置を施して病院へ付き添います。そのため一人で緊急対応が可能な程度の看護スキルは必要です。

利用者の健康チェック・ケアが終わり、手が空けば、介護士とともに介護業務を行います。看護と介護の仕事の比重はセンターによって異なるため、デイサービスへの求人応募の際に確認しておきたい点のひとつです。


デイサービスとは?のここまでのまとめ

  • 自宅で暮らせる高齢者の通所介護施設
  • 孤立防止、心身機能訓練、家族の負担軽減が目的
  • 利用者の簡単な健康チェック、生活のケア
  • 体調悪化時の対応、付き添い
  • 介護業務も行う


デイサービスで働くメリット



メリット①日勤で残業は少なめ

デイサービスは日中に行われ多くのセンターでは15時頃には利用者が帰宅するため、看護師は日勤で、休日もしっかり確保されます。夜勤なし、日勤のみの仕事を探している看護師には魅力的な条件ですね。

残業もほとんどないというところが多く「定時で退勤したいから」という理由でデイサービスの求人を選ぶ看護師は多くいます。


育休その他の事情でブランクを経て復職しようと思う時には、「忙しい病院での勤務をこなせるだろうか」「休んでいる間のシステム変更についていけるだろうか」と不安になるものです。

そんな復職のスタートとして、多忙さ・ハードな医療行為がないデイサービスでの勤務が選ばれることもあります。


メリット②心身の負担が少ない

看護師の仕事はやりがいがある反面、責任は重く、過剰なストレスを感じる看護師が少なくありません。多忙を極める病院では、体調を崩してしまう方もいます。

そんな方にとって、看護師の資格を活かしながらゆったりと働けるのがデイサービスです。利用者は比較的元気なお年寄りであり、バイタルチェックが主でハードな医療行為はありません。身体的にも精神的にも、より少ない負担で働くことが可能です。


メリット③コミュニケーションが仕事に

デイサービスの目的のひとつは、高齢者の引きこもり防止、孤立支援です。したがって利用者と会話を交わし、コミュニケーションをとることも大切な業務のひとつになります。

病院勤務では、おしゃべりが過ぎては業務に支障をきたすことがありますが、デイサービスではおしゃべりが必要とされています。会話が楽しいという方にとってはやりがいのある仕事となるでしょう。


デイサービスで働くデメリット



デメリット①看護師としてのキャリアにはならない

看護師はデイサービスになくてはならない存在ですが、実施する処置や対応はごく限られた、看護としては簡単なものです。そのため、デイサービスでの勤務に看護師としてのスキルアップを望むことは出来ません。


デメリット②看護のやりがいは少ない

看護師として採用されても、1日の仕事のなかで看護業務は限られておりそのほかの時間は、食事や入浴の介助、レクリエーション、リハビリといった介護業務を行うこととなります。

デイサービスではこのように介護・福祉が主役となります。看護師よりもケアマネージャーの判断が重視されるといったシーンがあったり、看護師としての役割を見出しにくくなると、「やりがいが感じられない」とストレスに陥りがちです。

施設の方針によっては、看護師も積極的に企画に携わることができるなどやりがいを感じられる職場もあり、本人と職場との「相性」の影響も大きいようです。


デメリット③高齢者とのコミュニケーション

利用者とのコミュニケーションを中心に楽しく仕事ができることはメリットのひとつですが、年配の方と話すことを苦痛と感じてしまうと、デイサービスでの勤務はストレスとなってしまいます。

悪い方ではなくても頑固なお年寄りと話していると、叱られているように感じるシーンもあるでしょう。そんなときにも職員としてうまく対応することが求められます。


デイサービスでの求人選び、注意点は?



高齢化社会の真っただ中にある日本では、デイサービスの拡充・質の向上が欠かせず、当然看護師のニーズも上昇中です。デイサービスでの看護師求人はたくさん見つけることができます。求人情報を選択する際に気をつけたいのが、情報には記載のない、実際の勤務環境です。

例えばこんな悩みが聞かれます。求人で「残業なし」と謳っていたのに、勤務を始めてみたら、職員向けの介護研修・勉強会が頻繁に開催されていて、時間外なのにサービス残業扱いで参加するルールになっていたのです。


会社が主催するもので参加しないわけにいかず、週に1回は手当なく残業を強いられている・・・という悩みです。日勤・残業なしという条件でデイサービス勤務を選んだのに、このような実情では困りますし、手当もなくストレスが大きくなります。

ただし、このような例はごく一部であり、デイサービス勤務の多くは日勤・残業なしであることに変わりありません。そのほか、利用者数が多い割に看護師数が少なく、結果的にとても忙しい、という悩みも聞かれます。


多くの求人から応募先を選択する際に、このような「待遇・環境についての現実の事情をいかに確認するか」が重要になります。

看護師専門の転職サイトを利用すれば、求人の選択肢の幅が広がるだけでなく、コンサルタントに求人先の詳細な情報を問い合わせることが可能です。


<日勤常勤看護師の求人先、デイサービス・まとめ>

  • 孤立支援、心身機能向上、家族の負担軽減などを目的とする
  • ほぼ健康な高齢者が通い、生活ケアや簡単な運動、レクリエーションなどに参加
  • 看護師は健康チェックを中心に生活ケア、介護補助を行う
  • 日勤で残業が少なく、心身の負担が重くない傾向
  • 福祉が主役であり、看護師のキャリアややりがいを得られないことも
  • 一部、求人情報と実際の勤務体制とのギャップについて悩みが聞かれる

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

このページの先頭へ