看護師と訪問看護師では何が違ってくるのでしょうか?

看護師の仕事は患者様が日常生活にスムーズに戻れるように直接サポートする 看護業務を担当することが多いです。

「すごくやりがいを感じる」「給与水準も高い」というイメージが強い職業です。 そして何よりも「ハードな仕事である」ことは看護師のイメージとしては ナンバーワンだと思います。

高齢社会に突入してきており、最近では訪問看護という言葉を聞く機会も 増えてきました。ここでは、看護師と訪問看護師では何が違ってくるのかを 考えてみたいと思います。

看護師の仕事は人命に関わる大切で欠かせない仕事を担当しています。 その中でなかなか思い浮かばないのが訪問看護師の仕事のイメージです。

看護師の仕事と訪問看護師の仕事での一番大きな違いになるのは 「訪問看護師は患者様のご自宅に出向く」ということになるでしょう。

そしてそのことに関連してきますが、病院内で勤務する看護師と違って 「訪問看護師は孤立的な立場で看護業務を的確にこなさなければならない こと」です。

このことは、厳しい仕事ではありますが看護師自身の経験値を上げることに なり、やりがいに繋がってくる部分です。 現実的な観点からの違いは給与面です――看護師と訪問看護師は金銭的な面 でも違いがあります。

わかりやすく説明すると、一般的な看護師ならば給料は高くても安くても 一定の給料が保証されています。

しかし訪問看護師の給料は仕事をした分だけとなるのが一般的です。 要するに訪問看護師の給料は患者様の自宅に出向けば出向くほど給料が 上がるというイメージでとられるとわかりやすいでしょう。 また、日勤常勤の看護師求人が多いのも魅力の一つです。

しかしながら、全てが自分一人の判断になってきますから、経験が浅い看護師が こなせる仕事ではありません。

訪問看護師を始めようとする場合には基本的な知識はもちろん相当の経験や 看護スキルを要求されますから、訪問看護師を目指す場合にはまず看護師として の経験値を高める必要があると思います。

以上、看護師と訪問看護師では何が違ってくるのかを考えてみました。

 日勤常勤看護師に強い求人サイトは?

このページの先頭へ